派遣社員の立場でキャッシングの審査に申し込んだ場合の在籍確認はどうなるの?

キャッシングの審査に申し込む場合、どのような職業であっても必ず在籍確認が行われます。オフィスで働いている場合は代表番号などに貸金業者から電話がかかってきますし、フリーランスとして自宅で働いている場合は家の固定番号や携帯番号などに電話がかかってくることになります。

派遣社員として働いている場合は派遣業者が定めているルールに従って、貸金業者に在籍確認用の連絡先を伝え、電話を受けることになるのです。

なぜキャッシングの申込時に在籍確認が行われるの?

そもそも在籍確認はどうして行われるのかというと、当然、申込者の実在を確認するためです。もし、申込書に記載された自宅や勤務先の住所が嘘だった場合、貸金業者はいざというときに取り立てを行うことができません。

期日までに返済がなかったという理由で電話をかけたり、督促のはがきを送っても、連絡先が嘘なら債務者本人と話をすることが不可能だからです。そのため、申込書に連絡先が記載されていればそれでOKという風にはならず、必ず電話をかけてくるのです。

一般的に在籍確認は申込書に書かれたすべての連絡先に対して行われます。

たとえば、勤務先、自宅の固定電話、携帯電話と三つの番号を記載した場合は、その三カ所に電話がかかってきます。本当は携帯電話を持っていないのに、持っていることにして審査に通りやすくしようなどと考えてもすぐにばれてしまい、審査に通る可能性は著しく難しくなるでしょう。

会社への在籍確認で申込者が電話に出られない場合

自宅や無人契約機から申し込んでいるので勤務先に電話されても自分は出られないという場合はどうなるのでしょうか。こういったケースでも特に問題はありません。申込者本人が確かに記載された勤務先で働いているということがわかればいいので、貸金業者からすれば勤務先に電話をして、「今日は休みです」あるいは「ただいま席を外しております」といった回答を得られればOKだからです。

当然、「そういう名前の人物は当社にはいません」という回答だった場合は、申込書に記載されている情報は虚偽であるということになり、その時点でほぼ審査落ちということになるでしょう。申し込みを行った日が休日で勤務先には誰もいないという場合は、直近の平日に在籍確認が行われるのが一般的です。

派遣社員が勤務先として記載すべきなのは

では、派遣社員として働いている人の在籍確認はどのように行われるのでしょうか。派遣社員の場合、「所属しているのは派遣会社だけど、実際のオフィスは派遣先」ということになり、見かけ上の勤務先は二つあることになります。

ただ、一般的に派遣社員がキャッシングの審査に申し込む際に記載する勤務先は派遣会社ということになっているので、在籍確認は派遣会社に対して行われます。なぜ、実際に働いているオフィスではなく派遣会社を勤務先として書くのかというと、派遣社員の雇用主は派遣会社だからです。

また、貸金業者が派遣先のオフィスに電話した場合、派遣社員はそのオフィスの正社員として登録されているわけではないので、「そういう名前の人間は当社には在籍していない」といわれる可能性が高く、審査にマイナスの影響が出てしまいます。

派遣先を勤務先として記載してしまうと大きなトラブルを招くことも

派遣社員は、派遣先によっては守秘義務を課せられることもあります。たとえば、コールセンターやサポートセンターなどに派遣される場合、家族や友人に対してであっても、具体的な派遣先の場所を明かしてはならないといわれるケースが多いです。

コールセンターはクレームを処理するケースが非常に多く、具体的な場所が対外的にばれてしまうとクレーマーが実際に乗り込んできて大きなトラブルに発展する可能性があるからです。当然、キャッシングを申し込む際に勤務先としてコールセンターの住所を書いてしまうのは厳禁になります。

もし、コールセンターを勤務先として申し込んだことがばれてしまうと注意を受けるだけでは済まず、守秘義務違反ということで解雇されてしまう可能性もあるので注意しましょう。

派遣社員から正社員になった場合は

派遣社員としてキャッシングの申し込みを行い、無事に審査に通って借り入れができるようになったあと、別の会社の正社員になったという場合はどうすればいいのでしょうか。キャッシング契約成立後に貸金業者から送られてくる規約には、必ず「勤務先に変更があった場合は速やかに連絡しなければならない」といったことが記載されているはずですが、実際のところ、トラブルを起こさなければ勤務先変更を通知しなくてもそのまま利用し続けることが可能です。

ただし、返済を遅らせてしまうと貸金業者から以前の勤務先に督促の電話がかけられ、その結果、既に退社していることが判明してしまうことになり、契約に影響が出ます。具体的にはキャッシング機能を停止させられてしまう可能性が高いので、そういった事態を招かないよう、勤務先に変更があった場合は自ら貸金業者に連絡して、そのことを伝えた方がいいでしょう。

派遣社員から無職になってしまった場合も連絡すべき?

派遣社員をやめてしまい、新しいオフィスで働くことなく、無職になったという場合はどうすればいいのでしょうか。この場合も勤務先が変わったときと同様、返済状況に問題がなければ貸金業者に発覚することはありませんが、返済が遅延すればすぐにばれてしまい、キャッシング機能停止につながります。

したがって原則としては貸金業者に無職になったことを通知すべきですが、勤務先変更と違い、通知したからといって元通りキャッシングができるようになるかわかりません。収入がなくなってしまった人に対してお金を貸すのは非常にリスクが高いからです。

派遣社員から無職になったとき、キャッシング契約をそのまま維持してくれるか否かは貸金業者次第ですが、それまで一切滞りなく返済しているのであれば契約を維持してくれる可能性はあるでしょう。

「今すぐ7万円が必要!」キャッシング前に確認すべき3つのこと

登録している派遣会社はそのままで派遣先が変わったケース

派遣社員であることには変わりないものの、派遣先が変わったという場合は貸金業者への連絡義務はあるのでしょうか。基本的に、このようなケースでは連絡する必要はありません。というのは雇用主に変更はないからです。

ただ、キャッシングの申込時に派遣先のオフィスを勤務先として書いてしまい、それで審査が通ったという場合は連絡した方がいいでしょう。

そして、このケースでは新しい派遣先を貸金業者に通知するのではなく、登録している派遣会社を勤務先として通知した方がいいです。

当然、派遣会社に対して在籍確認が行われることになりますが、あらかじめ派遣会社に対して確認の電話がかかってくることを知らせておけばうまく取り計らってくれます。