キャッシングにおける元金とはどのようなものか

銀行や消費者金融などの貸金業者のサービスでキャッシングをした場合、ほぼ必ず利息が発生することになります。したがって、返済時には最初に借りたお金とともに利息を一緒に含めて返さなければなりません。そして、利息以外の、客が実際に借り受けたお金を「元金」と呼びます。

元金は返済をしていく上でポイントになってくるお金なので、どれぐらいあるのか把握しておいた方がいいでしょう。

元金とは実際に借りたお金のこと

お金を借りたときに元金がいくらなのかを知っておくのは非常に大事なことです。元金がわかれば一日あたり、どの程度の利息が発生するのか知ることができますし、また、今後トータルでどれぐらいの金額を返済しなければならないのかもわかります。

たとえば、ある消費者金融から年利18パーセントで20万円を借りたとします。この場合、実際に借りた20万円が元金ということになり、一ヶ月あたり3000円の利息が発生するわけです。

カードローンを利用する場合、一ヶ月あたりの最低返済額というのがカードローン会社によって決められます。

この金額が利息を下回ることは絶対にないので年利18パーセントで20万円を借りたのであれば、毎月の返済額は絶対に3000円以上になり、利息と元金の割合が半々程度だとすると6000円から7000円程度、返していくことになります。

カードローンは元金分を含めず利息分の返済でもOKのことが多い

ただ、カードローンの場合、最低返済額が決められていたとしても、元金分を含めずに利息だけ返済してもOKというシステムになっていることが珍しくありません。これはカードローンならではの仕組みといえ、クレジットカードでキャッシングした場合は利息のみの返済でOKという風にはならないことが普通です。

利息のみの返済というのは元金分は一円も減ることはないので、実質、返済を先延ばしにしているようなものですが、より少ない金額で一ヶ月の分の返済をクリアすることができるのでお金に余裕がない場合はかなり有効な手段といえます。

したがって、どうしても最低返済額を用意できそうにない場合はほかの貸金業者から借り入れをして、それを返済に充てたりせず、利息のみの返済でしのぐようにしましょう。

借金で借金を返すようになると多重債務状態が加速していく可能性が高いからです。

より少ないお金で完済を目指すなら元金をいち早く返せる繰り上げ返済が有効

できるだけ少ない金額でカードローンによる債務を完済したいという場合は、できるだけ早く元金を返済するのが有効です。どうせすれば元金を素早く返せるのかというと返済期日に合わせてお金を返すのではなく、期日よりも前に返済をする「繰り上げ返済」と呼ばれる方法を使うのがベストです。

たとえば、35日ごとに返済をしていくという契約でカードローンを利用したとします。しかし、借り入れを行った日の翌日に臨時収入があったら35日という期間を無視し、それをただちに返済に充ててしまえば利息はわずか一日分のみなので、元金分を一気に返せることになるわけです。

臨時収入をすべて借金の返済に充てるのはもったいないというイメージを抱く人もいるかもしれませんが、元金を早く返せば返すほど支払う利息を少なくできるので実際は得なのです。

債務整理の中には元金のみの支払いで和解するものがある

カードローンから借り入れを行ったあと、当初の予定通りに返済することができなくなり、やむを得ず、債務整理を決断したということになった場合も元金は大きなポイントになります。債務整理に至ってしまう人というのは、たいがい、複数の貸金業者からお金を借りています。

返済に充てられるお金がなくなると新たな貸金業者に借り入れの申し込みをして、それを返済に回すというのを繰り返し、最終的にすべてのカードローンの利用限度額まで借り入れをして、それ以上借金をすることができなくなり返せなくなるというパターンです。

そして、多重債務者が追い詰められる大きな要因が利息の存在です。利息分だけ返済することでしばらくはしのげても、元金はそのまま残って利用限度枠が空くことがないので借り入れができず、借金で借金を返すことができなくなるからです。

そのため、債務整理のいくつかは貸金業者に対して利息分の放棄を求めます。

元金のみの分割払いなら完済しやすい

債務整理の中で任意整理や特定調停と呼ばれるものは、貸金業者に対して元金のみを分割で返済していくという条件で和解になります。返済期間にもよりますが、実は任意整理も特定調停も、毎月の返済額は債務整理前と比べてそれほど変わらない、もしくは増えてしまうことも珍しくありません。

たとえば、元金が200万円でそれを二年かけて返済するという条件で和解になった場合、一ヶ月あたりの返済額は8万円を超えることになります。200万円を年利15パーセントで借りた場合、毎月の利息は25000円であり、利息のみの返済であれば債務整理をしたときよりもずっと低い金額で済みます。

しかしながら、債務整理だと返済した分がそのまま元金の返済に充てられ、確実に完済できるので、返済に行き詰まった多重債務者なら債務整理した方がいいといえるのです。

キャッシング借入額は収入の30パーセント程度を目安に!

普通にカードローンを利用しても元金のみの返済で済ませる方法がある

カードローンを利用しても利息の負担を回避できる方法はあります。それは、無利息になる条件を満たして借り入れを行うことです。よくあるのが、契約後、初めての借り入れであれば30日間無利息という条件です。こうしたサービスを提供している消費者金融は複数あるので、渡り歩くように利用すれば何回も無利息でお金を借りることができます。

ただ、無利息で済む期間はあくまでも借り入れから30日間程度であり、それを過ぎてしまうと利息が発生してしまうので、賢くお得に利用したいと考えるのであればキャッシングをしたあと、必ず30日以内に完済するようにしましょう。

元金が1000円未満になった場合

コンビニのATMを使ってカードローンの返済を行う場合、硬貨の入金ができないため、結果的に1000円未満の元金が残った状態で完済扱いになってしまうことがあります。完済扱いで処理されたのであれば、残った元金に利息が加算されることはありません。

したがって、気にならないのであれば放置していても大丈夫です。ただ、わずかとはいえ、元金が残っている状態を放置しておくのは気持ちが悪いということであれば、銀行振り込みなどを使って返済してしまうといいでしょう。

また、消費者金融の無人契約機には硬貨を入れられるATMが設置されていることがあるので、そこから返済するという方法もあります。