キャッシング枠の増額をしたい場合

キャッシングを利用していると、利用枠の不足を感じる場合もあるでしょう。キャッシングは健全に利用を続けていれば、増額融資を受けられることが多いです。増額で失敗しないためには本当に増額する必要があるのか考えてみること、また追加で借りても問題なく返済していけるのか診断をすることが大切となります。

借りるお金は自分のお金ではなく、借金であると認識することが重要です。

キャッシング枠の増額をする方法とは

キャッシングは最初から高額融資を受けることは難しく、最初は10~50万円くらいの融資になるのが普通です。100万円などの高額融資を受けている方は、段階的な増額で限度枠が大きくなっていくのです。枠増額を希望する方はキャッシングの公式サイト、または電話・窓口などで枠増額の手続きをします。

増額分を含めた総借入額に対して返済能力が勝っていれば、そのまま増額されるのが普通です。ただし増額に対して積極的ではない金融機関もありますので、十分な返済能力があっても増額されるという保証はありません。あくまで最終判断は金融機関が決定することであり、利用者は審査結果に従うしかないのです。

増額審査は申込時の審査と比べてハードルが低く、原則として本人確認や在籍確認などはありません。ただ収入証明の提示を求められることがあり、返済能力に達していない場合は不可となります。注意したいのは総量規制の問題で、すでに総借入額が年収の3分の1に達している場合は増額を受けられないことです。

消費者金融などのノンバンクから借りるときは、各社の総借入額が年収の3分の1を超えて借りることはできません。銀行や信用金庫・JAなどの金融機関は総量規制の対象外のため、年収の3分の1を超えていても増額融資を受けられる可能性があります。

借入件数を増やすより増額融資がおすすめ

まとまったお金が必要になり、現在のキャッシングの利用枠では対応できなくなるケースはありえます。そうした場合は新しく他社に申し込む方が多いですが、それよりも現利用中の金融機関から増額融資を受けるのが得策です。

他社から借りると借入件数が増えてしまうので、返済管理をするのが大変になります。借入先が1件と3件では、返済における手間と面倒がまったく違ってきます。返済のうっかり忘れに悩んでいる方は、借入先を減らすのが最も効果的です。

また借入件数を増やすという方法は、新しく審査を受ける必要があるわけです。本人確認書類や収入証明書類の提出、また自宅への住所確認や会社への在籍確認の連絡などを受けることになります。何より審査に通過できる保証はありませんので、利用中の金融機関と交渉したほうがよいのです。

延滞することなく計画的に返済していれば、一定の信用力が生まれています。増額分を含めても借入総額が年収の3分の1以内に収まるならば、増額してもらえる可能性が高いです。ただ枠増額の交渉は新規契約から間もない状態では難しく、6~12ヶ月以上の継続利用をしている状態で行うのが得策です。

派遣社員の立場でキャッシングの審査に申し込んだ場合の在籍確認はどうなるの?

キャッシングの枠増額はなるべく少なく

キャッシングの枠増額における注意点は、枠を大きくしすぎないことです。例えば追加で5万円借りたい状態で、50万円の増額をする必要はないでしょう。増額分が大きくなるほど審査はシビアになり、借りられない可能性が高くなります。

審査の通過率を高くするコツは、いかに希望額を少なく抑えるかです。この点は新規借入時とまったく同じなので、必要な金額だけを借りるようにしてください。枠が大きいといざという場面で役立ちますが、借金であることを忘れてはいけません。

借りすぎれば返済が厳しくなるので、増額は最小限に抑えるのが得策です。キャッシングを安全に利用するためには、年収の20%以内の借入が好ましいと言われています。例えば年収400万円なら80万円以内の借入に抑えておくのがよいです。

利用枠を増額するときは現在の借入も含めて、年収の20%を超えないようにしましょう。ローンはたくさん借りるほど返済が長期化し、利息が増えるという性質を持っています。利息を節約するためにも借りすぎに注意し、短期返済を心がけてください。

枠増額で理想のパターンは金融機関から推奨されるケース

キャッシングの返済を着実に続けていれば、金融機関から利用枠増額の話がくることがあります。これは枠増額における理想のパターンで、審査に通過できることを前提に連絡がきています。例えば現在の50万円から80万円に増額可能との連絡がきた場合、同意すればすぐに80万円まで増額可能です。

80万円までの増額審査に通過できない状況なら、そもそも金融機関から連絡がくることはありません。

連絡がくるタイミングは突発的であり、事前予告などはないです。あるとき急に携帯電話に連絡が入って、利用枠を増額しませんかと質問されるのが普通です。金融機関から枠増額を推奨される方は、信用力が高いと判断されています。

ここで枠増額が不要な場合は、そのまま断っても問題ありません。最終的に決めるのは自分ですから、金融機関の勧めに乗る必要はないです。金融機関側は枠増額をしても使わなければ問題ないなどと言って増額を勧めてくるケースがありますが、追加で借りてしまうと使いたくなるのが人間です。

キャッシングの利息は金利だけで決定するわけではなく、むしろ借入総額が大きく関係しています。利息の支払いを抑えるためにも、必要以上に借りるのはおすすめできません。

「今すぐ7万円が必要!」キャッシング前に確認すべき3つのこと

枠増額を希望する人の返済方法はリボルビング返済が多い

クレジットカードは使用する人の性格がそのまま表れてしまいます。費用対効果を考えてお得にカードを利用する方は、一括返済をメインに使用しています。逆に浪費癖が激しい方は、リボルビング払いにしていることが多いです。

これはキャッシングにも言えることで、リボルビング返済にしている人は高額融資を受けている傾向があります。高額の借入をすれば一括返済は厳しいですし、毎月の返済額を少なくするとなれば必然的に返済期間が長くなります。

枠増額を希望される方も、リボルビング返済を設定していることが多いです。限度枠いっぱいまで使い切っており、増額しないと追加融資を受けられない状況にあるわけです。そして増額を受けてしまうと総借入額はさらに増えるので、返済は今より長期化して多くの利息を支払うことになるでしょう。

利息を抑えるためにはリボルビング返済を設定しないこと、むやみに枠増額をしないことがポイントです。